今だからこそガルモ1

2017.05.24 Wednesday

JUGEMテーマ:わがままファツション ガールズモード

 

久々にガルモ無印を*はじめから*プレイしています。

ざっくり時系列順。

 

 

 

いきなりですがガルモ無印、今プレイしてもかなり面白いです。

3DSの美麗な映像にすっかり慣れた今、DSのジャギジャギした画面は今ひとつに感じられますが、

栄えある一作目だからかひとつひとつのアイテムにかなり気合が入っているような印象を受けますし、
そのとおりアイテムの形も思いのほかバリエーション豊富で、2〜3とプレイした後に改めてこちらに戻ってみるとなかなか新鮮な気分を味わえます。

観察眼を問われる接客もなかなか歯応えのある難易度でつい時間を忘れてしまいます。

全品50パーセントオフなんていうクレイジーなタイムセールを開催できるのも楽しい。
我も我もと殺到する客波をひたすら捌き、怒涛のごときコーデ依頼をこなした後に待つ在庫残り二桁の文字には快感すら覚えます。

 

……本当はもっといろいろ前書きをつらつら用意してたけどすごい駄文になったからここは全部省略するぜ!

 

 

 

まずは初期ラインナップによるコーデ。
ガラス戸空調フル全開のリビングでロハスな雰囲気を味わいたい時にはこれ。
顔は迷いましたがさしあたり一番眠たそうな目を選びました。
どのゲームでもキャラメイクの時は大抵いつも似たような顔立ちを選んでいる気がする。

 

 

ブラウスの上にフレンチスリーブのトップスをベスト風に重ね着してみました。
裾からちらっと見えるインナーのブラウスがさりげないアクセント。
ガルモ2以降だとインナー類は問答無用でボトムスインされる仕様でしたが、本作無印ではアイテムごとに着丈が異なるのでこんな着こなしもできるのが素敵。
レイヤードフリーク垂涎の仕様:)
でもそのかわりしょっちゅう腹チラするのはご愛嬌。

 

 

待ちに待ったカプセルドロップのベレー帽!
というわけでさっそく喜び勇んでコーデしたのがこちら。
相変わらずのミックスコーデながら不思議とレトロ感十分のコーデに仕上がったと思います。
このラビッツのデニムベストのちょっと首元の詰まった感じ、よく古着屋さんで見かけるヴィンテージのそれらしくてすごくリアル。いかにも古着めいた風合いもまたたまらない。
タースのこのチェーン付きロゴパンツも、ガウチョパンツを思わせる裾広がりのシルエットといい、大体何にでも合う絶妙なカーキ具合といい、もうこれ以上ないくらい好きです。
そのうえ着回しがきくときたらもはや言うことはなにもない。

 

 

ニット帽にタイダイパンツでリラックスコーデ。最初に挙げたコーデとちょっと似てる。
カプセルドロップのこのカーディガン、柄物にしては派手すぎず地味すぎずなデザインでとても使いやすいです。

エスニックミックスにも融和する万能ぶりがたのもしく、そして何よりかわいい。
それにしてもこの妙に色っぽい流し目には毎度どきっとさせられます。

まじめに言って、ガルモをプレイするにあたって最も大事なことのひとつは間違いなく店長ちゃんに魅了されることだと思う。

 

 

ベストにジャケットの定番スタイル。
コーデしている最中はまったく意識してなかったけど、改めて見るとおじコーデめいた趣がありますね。
そういえばガルモ無印、何気に巻き物の種類が豊富でちょっとびっくりしました。しかもどれもかわいいときた。
ほどよいボリューム感で合わせやすいのもうれしい。

 

 

アイテムの少ないはじめの頃はこのように似たようなコーデを乱造したりする。

 

 

季節感丸無視のマフラー使いにかろうじて初秋の香りを感じなくもないカジュアルコーデ。
シックな色使いに真っ赤なベレー帽が鮮烈な印象。
プレクロのこの羽織りシャツ、使いやすくて好きです。さらっと羽織ってる感じがスマートでかっこいい。

 

 

古着感を前面に押し出したイメージのコーデ。
インナーの花刺繍がそこはかとない古着感を醸しています。
本作のキャスケットはころんとしたドーム型のシルエットがかわいいですね。ショートヘアによく似合う。

 

 

ラビッツのチェックアコーディオンも思い切ったデザインで好きです。
サイケファッションは昔こそその奇抜さゆえにしばしば度肝を抜かれていましたが、ガルモでひととおり親しんだいまや他のテイストにはないカラフルで奔放な魅力にすっかりとりこ:)

 

 

デニムオンデニムをトラディショナルテイストで。
でもこの形のデニムベストにGジャンってすごくかさばりそうですね。

 

 

きのこに花にパッチワーク、そしてあえかなかえる(見切れてる!)がシンフォニックにヒッピーを演出。気分はさながらハンモック。
最近はエスニックなコーデにあえて(?)チェック柄を合わせるのが好きです。
チェック柄というと個人的には都会的な印象がありますが、種類によっては民族衣装が発祥だったりするので意外とエスニックと合うのがおもしろい。

 

 

 

ノースリパーカにクラッシュパンツでことさらボーイッシュに決めてみたコーデ。
体感ではどんなコーデもラビッツのこのパンツの前では瞬く間にボーイッシュに様変わりする気がします。
それになんといってもベルト付きなのがうれしい。ガルモ無印はベルト付きのボトムが比較的多いのも特徴ですね。

 


●おまけ

 


メイクとカラコンで人はこんなに変わる!

 

 

関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL